その自動車保険が安いヒミツ

その自動車保険が安いヒミツ

最近の自動車保険は、全体的にリーズナブルになっているものが多くあります。一昔前は、普通自動車なら、14,5万くらいは当たり前の時代でしたが、最近では、年数が経っていて等級が上なら、5,6万円くらいで十分な保障が受けられるようになりました。自動車保険がどうしてこのようにリーズナブルになってきたか、というと、もちろん他社との価格競争があることも理由の一つですが、インターネットの普及により人件費削減が可能になったことも理由に挙げられます。対応はほとんどの会社で365日、24時間体制ですので、いつどこで事故に遭っても対応してくれますので安心です。
ここでちょっと自動車保険の等級について説明しましょう。自動車保険には、1等級から20等級まで20段階の等級があります。初めて車を購入して保険に入る場合は、6等級からスタートします。数が多い程、長年、無事故で保険に加入しているという事。無事故で加入年数が多いと、そのレベルに合わせて割引があるということです。自動車保険は、事故に遭って保険金を受け取ると、次回の等級は3等級下がってしまい、結果、保険料も上がることになります。
毎年保険を使っている人にとっては、現行の自動車保険でも、長年加入していても割安感が感じられにくいかもしれません。