自動車保険、ここが抑えドコロ

自動車保険、ここが抑えドコロ

初めて自動車保険を契約する人にとって、どんな補償内容があるのか、どれくらい保障してくれるのか、といったところが気になると思います。
自動車保険には、大きく分けて、対物保障と対人保障というものがあります。それぞれ名前の通り、物に対する保障と人に対する保障になっています。そして対人・対物のそれぞれに、自分に対する保障と相手に対する保障とがありますので、大きくは4つのカテゴリーに分かれます。誰も怪我がなく、物だけの破損の場合、物損と言って、自分の車と相手の車(もしくはフェンスやガードレールなどの物)への保障だけになります。自分の車の価値(車両保険)は、新車購入年度の場合、大体が購入額となりますが、それ以降は、売却した際どのくらいの価値になるかによって、保障額を下げていくと、その分保険料は抑えることが出来ます。相手方の保障については、無制限とするのが一般的です。相手にもし怪我を負わせたり、(もちろんないのが一番ですが)最悪の場合死亡させてしまったら、保険金額は最大にしておいた方が良いからです。
相手方がいる場合は、始めのコンタクトだけ本人同士で行い、あとは双方の保険会社の担当間で対応されるのが一般的ですので、本人同士が直接交渉を進めることはありません。